住宅侵入を防ぐ

ネズミを入れさせない住ませない

ネズミといば、ひと昔前の昭和の時代には、どの一般家庭の家にいたといってもいい存在でしたが、最近ではあまり、見かけなくなっていたのです。しかし、ネズミ達はいなくなったわけではなく、潜んでいたのです。そのためか最近復活し、「ねずみ駆除」として動物駆除の対象になっています。 ネズミは、家に入ると電気の配線や電話の配線を、歯で切りちぎったり、家具や壁までもかじり、穴を開け被害をもたらします。また、細菌やダニなどが付いているため、健康被害が起きかねない動物です。 これらの被害にあわないために、発見しだい「ねずみ駆除」の必要があります。 初期ならば、ネズミにはその通りの道があるため、これを見つければ駆除しやすくなります。たとえば道にテープをはったり、ネズミが嫌う超音波を設置すれば、その道を通らなくなります。そうすれば、家に侵入されることがなく、機器の被害や健康被害もでることはないからです。また費用も、専門業者に頼むよりはお得です。

色々あります駆除方法

家に侵入されるまでは、ねずみ道を見つけて防げば守れますが、侵入され巣を作られると、ネズミたちはネズミ算のごとく増えていくために、素人では手におえなくなります。そのために、専門の「ねずみ駆除業者」がいます。 一般のホームセンターや薬局にも、ねずみ駆除の道具や薬などが販売されていますので、これらを利用すれば、それなりの効果をもたらしますが、これらは、ネズミを完全に駆除はできないものです。ネズミを完全に駆除したければ、専門業者に頼むのが一番効果があります。彼らは専門家のため、専門の駆除道具と専門の侵入妨害器具や手法を持っています。そのため、再発防止策も強力です。ただし、料金はホームセンターにある道具や薬よりは、高額であることは頭にいれるべきです。 また、ねずみ駆除の専門業者によって技量がちがいます。その腕前や評判を、依頼するまえに調べておく必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加